その保険で大丈夫ですか|海外へ行くなら海外旅行保険に加入しよう|比較することが大切

海外へ行くなら海外旅行保険に加入しよう|比較することが大切

その保険で大丈夫ですか

男の人

難しい保険の仕組み

生命保険に医療保険、介護保険、火災保険、自動車保険。入るには入ったけど、自分の保険の内容を正確に把握している人は一体どれくらいいるのでしょうか。他人と保険の話をする時に、その掛け金だけで比較をするのは要注意です。保障内容や条件は保険によって様々。素人が簡単に「そっちの保険の方が安くて良さそう」と判断できるものではありません。保険のプロといえばファイナンシャルプランナー。入門レベルの3級は合格率60パーセント前後と比較的高いですが、実務に直結する2級の合格率は35パーセント前後。国家試験としては合格率は高いほうですが、自分の保険を理解する為に独学で勉強するにはハードルが高いですね。ちなみに、ファイナンシャルプランナー2級に合格するには、300時間程度の勉強が必要だといわれています。

中立な立場で安心

結婚や出産、住宅の購入などにより、現在の保険を見直したいことってありますよね。数社の保険会社を比較するにしても、営業の人は自社の保険のメリットしか話してくれないし、どれが本当に自分に合った保険なのか、考えても答えは出ません。そんな時は、たくさんの保険会社からあなたにぴったりの保険を選んでくれる、相談窓口を利用してみてはどうでしょうか。窓口では、まずファイナンシャルプランナーに今の保険を診断してもらいましょう。中立な立場のファイナンシャルプランナーが、希望やライフプランに合った保険を提案してくれます。納得がいかない場合は、契約の必要は一切ありません。中立な立場だからこそ強引な勧誘もなく、安心して相談できますね。一度契約してしまうとその存在を忘れがちですが、毎月引き落とされていく保険料。疑問を感じた時にすぐに相談、見直しをして、無駄のないよう気をつけたいものです。